「海辺の彼女たち」を観ました

東京に来たときには、可能な限り、時間を作って・・・映画を観るようにしています。というか、観たい映画が必ずあるので、どれにしようか・・・・・いつも迷いながら決めています。

自分が学生の時から、休みで東京に戻ったときには、やはり映画三昧でした。札幌では、観れない映画が多すぎる!!! そして、これは加速していて、昔以上に札幌でやらない映画が多くなっていて、さすがに東京や横浜もミニシアターは減ったけれども、札幌は壊滅状態なので、こうした状況になってしまいます。

今回は、めちゃくちゃ観たかった「海辺の彼女たち」を観ることが出来て、しかもたまたま行った上映の回で、監督の舞台挨拶もあり、こうしたことが頻繁に日常的に行われている東京のミニシアターは、ホント素敵です。

映画もすばらしかったですが、映画が終わってから、少し監督さんとお話しする機会があり、とても興味深いお話も聞くことが出来ました。上映されていたポレポレ東中野も、昔から大好きな映画館です。とっても満足な一日でした。

clapfilm LLP(http://clapfilm.com)  or  ゆうばりFC(http://yubarifc.com)  or    ケセランパセラン.com(http://xn--rckuaa1gtfc1ed.com/)  or  インタビュー自分史.com(http://xn--eckucycsd3cvcw318aqhd970l.com/)

f:id:Clapfilm:20210910190805j:plain

↑ 上映作品のラインナップがとても個性的で大好きな映画館です

f:id:Clapfilm:20210910190732j:plain

↑ 客席は一つおきでしたが、ほとんど埋まっていました